時計ベルトの至高『KUNISTEIN(クニスタイン)』

この技にナルホド、商品解剖学

[その1] 時計ベルトの至高『KUNISTEIN(クニスタイン)』  (2015/01/20更新)

日本での第1号店の時計ベルトメーカー

大正9年、日本での第1号店の時計ベルトメーカーとして東京墨田区で創業した石國商店。
原材料、製造技術の細部にまで気を配り、お客様のかけがえのないオリジナルな品々を作り続けています。
その石國商店が自信を持って世に送り出しているベルト「KUNISTEIN」(クニスタイン)の特色を狩羽店長さんに伺いました。

KUNISTEIN(クニスタイン)とは

石國の「クラフトマンシップのこだわり」を受け継いだのが『KUNISTEIN』です。
1969年(昭和44年)、「伝統と格式をコンセプトに飾り気を廃し、純粋に素材と作りの良さを表現する」製品として世に送り出されました。
現在の職人の手によって1本1本作りだされています。多くのお客様に時計ベルトの至高として愛され続けています。

KUNISTEIN(クニスタイン)の特徴

表材・裏材ともに厳選した本皮革を使用し、表の皮を裏側に巻き込んだ皮革ベルトでは最高の作りとされている「へり返し仕立て」で制作され、可能な限り飾り気を廃し、素材の良さを追求した作りになっています。
サイズは8~20mmが用意され、カラーは伝統的な黒とこげ茶の2色となっています。

 

この記事の店舗情報

石國商店 大手町店
〒100-0004 千代田区大手町1-6-1 大手町ビルB2
TEL・FAX:03-5208-1492

B2F
103
時計屋

石國商店
店舗写真
TEL 03-5208-1492
営業時間 月~金 11:00~20:00
土・日・祝

日本で最も古い時計ベルトメーカーの時計専門店です。
時計の販売、ベルト販売、時計修理などすべてのアフターサービスをさせていただいております。
時計でお困りのことがございましたら、是非、お立ち寄りください。

このページは合計 690 回のアクセスがあり、今日は 1 回アクセスがありました。