現在、デグーマウスと“ふたり暮らし”です(果汁工房 果琳)

店長です、よろしくお願いします!

阿久津 愛
さん
果汁工房 果琳(B2)

IMG_4900 店長紹介1   IMG_5067店長紹介2

「阿久津 愛、千葉県出身、年齢はマル秘、現在デグーマウスと“ふたり暮らし”です」とニッコリする阿久津店長さん。音楽関係の前職から全く異なる業界へ「エイ、ヤッ!」とばかりに転職し、今の会社のキャリアは今年6月で3年になります。
「この仕事を選んだ理由ですか? 選択肢はいろいろありましたが当店は新規オープンでしたし、新しい環境で違う仕事にチャレンジしたい気持ちが強かったので、それほど躊躇もせず入社させていただきました」


阿久津さんが飼っているというか一緒に暮らしているデグーマウスの名前は“お萩丸”。
なんでもお萩のような顔立ちとかでこの3月で1歳になるそうです。
あ、そうそう、デグーマウスは最近にわかに人気が高まってきたネズミ属で原産はチリの山岳地帯。サイズは12~20センチ、350グラムほどに育ちます。その性格はというと
「社会的に行動し気の合う仲間とは寄りついて離れない。キィーといった甲高い警戒音、ピピピピといったなれ合いの声、プーといった抗議の声など鳴き声を使い分けてコミュニケーションをとる」(Wikipediaより抜粋)。鳴き声を使い分けるので“アンデスの歌うネズミ”などとも呼ばれています。
皆さんすでにご承知のように同店では新鮮な種々のフルーツを搾り飲んでいただくジュースバーで、女性(男性も?)の美容と健康にひと役買っているショップ。阿久津さん、言うまでもなくジュースが大好きでご自身も健康のために自作のジュースを飲み続けているそうです。
「グリーンスムージーです。レシピはランダムで野菜5割、フルーツ5割のバランスです。飲み続けると腸内環境が変わり身体の無駄な水分・ナトリウムが排出され、健康的に痩せられますし、精神的にも満たされて活動的になれます」
確かにフルーツと野菜の混合となれば、ただそれだけで身体に良さそうなイメージがひろがりますし、たしか大腸は第二の心臓ともいわれるそうですしね。
さて、阿久津さんの趣味は旅行。といってもちょっと意味がある旅行です。
「47都道府県をあいうえお順に並べて“あ”の県から…。7県行きましたから次は8県目の大分県です」
100名山巡り等はよく知られている話ですが、この風変わりな旅行の方法で全国を旅したいのと、実は親孝行のつもりもあって、お母さんと一緒に出かけているそうです。まだスタートしたばかりですが、真冬の秋田・田沢湖はその雪景色が素晴らしかったと言います。ひとつ一つ、一生忘れられないような思い出を刻んでいく旅になることを願うばかりです。
この47都道府県巡りのほかに阿久津さんが抱えている抱負は「次の店長を育てることです」。技術やノウハウを教えることはできるけど、人を育てることは本当に難しいといわれます。難しいことではあるけれど、阿久津さんはその必要性を視野に入れているようです。
春はすぐそこ。新メニューの紹介です。「パイナップルとイチゴがミックスしたパインベリー、熊本県産のデコポンなどが一押しのメニューです」。

 

このページは合計 217 回のアクセスがあり、今日は 1 回アクセスがありました。